FC2ブログ

片貝漁港で鳥見 その2

台風24号通過後の10月1日 千葉県の九十九里へ鳥見に行きました。

午前中は、干潟でウミネコや、トウネン、ダイゼン、ミユビシギ、イソヒヨドリ、アオサギ、コサギなどを見ていました。

昼食後、再び漁港を訪れると、ウミネコに交じって飛んでいました。
初見、初撮りです。
WR1A1905_tb_ohgunkandori.jpg
オオグンカンドリと思われます。脇に白斑が見られないので。
後方は、ウミネコ

WR1A1906_tb_ohgunkandori.jpg
グンカンドリは、翼が長く先端が尖り、尾は深い燕尾です。嘴は細長く先端がかぎ状に曲がっています。翼開長は2mを超える大きな鳥です。

WR1A1908_tb_ohgunkandori.jpg
外洋性の鳥なので、沿岸で見られるのはまれです。
私も、初めて見ました。

WR1A1912_tb_ohgunkandori.jpg
背面が見えました。
雨覆が白く、幼鳥のようです。

グンカンドリは、水を弾く機能をもちません。なので潜水して獲物を捕らえることができません。
採餌は海面に浮いている魚を捕えたり、ほかの鳥が捕えた獲物を横取りしたりします。
そのために、高速で飛行する翼をもっています。軍艦という名前も、ほかの鳥から獲物を横取りするところからきているようです。

WR1A1785_tb_ohgunkandori.jpg
漁船からこぼれた魚や釣り人が捨てた魚をあてにして、ここに長居をしているようです。

WR1A1775_tb_ohgunkandori.jpg
釣り人と、グンカンドリを撮影する人がいました。

WR1A1880_b_ohgunkan.jpg
釣り人の真上を通過。

WR1A1804_tb_ohgunkandori.jpg
上空から獲物を探しています。

WR1A1835_tb_ohgunkandori.jpg
狙いを定めて。

WR1A1779_tb_ohgunkandori.jpg
魚を捕えました。

WR1A1818_tb_ohgunkandori.jpg
口を開いて飛んでいます。
周りのウミネコを威嚇しているのでしょうか。

WR1A1820_tb_ohgunkandori.jpg
この写真では、お腹の白色部が脇に食い込んで脇に白斑があるように見えます。
脇に白斑があるのはコグンカンドリの特徴です。しかし、オオグンカンドリにも脇に白斑がある個体がいるそうで、識別は難しそうです。

別の人のブログによると、8月に銚子で釣り針や釣り糸が絡んだオオグンカンドリが保護され、行徳で治療を受けていたそうです。このグンカンドリは、その個体が放鳥されたものらしいです。

台風一過の1日、よい鳥見ができました。

2018年10月1日 千葉県 九十九里町 片貝漁港

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

非公開コメント

プロフィール

すーさん(ペンたろう)

Author:すーさん(ペンたろう)
鳥や樹木を中心に自然観察を楽しんでいる50代男性。
ゆったり、自然に生きたいです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード