FC2ブログ

片貝漁港で鳥見

台風24号が過ぎたのを見計らって千葉県の海岸へ行くことにしました。

外房の海岸をさまよったのですが、鳥影薄く、台風の影響で珍鳥がいないかという期待は外れてしまいました。

そこで、以前からオオグンカンドリが出ていると聞いていた漁港でじっくりと観察することにしました。

漁港に到着したものの、飛んでいるのはウミネコばかり。電線にイソヒヨドリがいる程度でした。

そこで、堤防の外側の干潟に出て、何かいないか探していると、干潟の先端近くにウミネコの群れが休んでいました。

WR1A1494_b_sigiti.jpg
ウミネコの群れの中に何かいないかと双眼鏡でのぞくと

WR1A1494_b_sigiti_1.jpg
ウミネコ若とミヤコドリ

WR1A1494_b_sigiti_2.jpg
ウミネコ若? 脚が薄いピンク。第1回冬羽かな?

WR1A1494_b_sigiti_3.jpg
手前の小さな鳥は、ミユビシギかな

WR1A1468_tb_miyakodori.jpg
別の写真からミヤコドリ (愛称ニンジン:)

飛ばさないように遠巻きにしながら観察・撮影しました。

さらに、干潟の奥まったところには、
WR1A1557_tb_tohnen.jpg
トウネンのむれがいました。

WR1A1537_tb_tohnen.jpg
体が横長に見えます。

WR1A1533_tb_tonen.jpg
この個体は脚が黄色っぽいので、オジロトウネンでしょうか?
帰宅してから気付いたので、現地でじっくり観察できず。

やや大きめの鳥がいました。
WR1A1467_tb_daizen.jpg
河口や干潟で見るのはほとんどダイゼンなので、ダイゼンと決めてみていました。

WR1A1525_tb_daizen.jpg
ちょっと褐色味が強いのは、ムナグロっぽいし、そばにいたトウネンと比べて、思ったほどには大きく見えなかったような?
短い後趾があればダイゼンですが、撮影した写真には後趾の有無を判断できるものは無し。
いた場所と、第一印象でとりあえず「ダイゼン」としておきます。

じっくり干潟を見て、漁港に戻っても、オオグンカンドリは見えません。
昼食後再び訪れることにしました。

長くなったので、以下次回に。

2018年10月1日 千葉県 九十九里町 片貝漁港周辺 続く

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。











関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

非公開コメント

No title

オジロトウネン → メダイチドリ

大きめのチドリは全てダイゼンです。
翼の下面や腰が見えれば。
あと、鳴けば一発で分かるのですが。

コメントありがとうございます

鳥屋様
コメントありがとうございます。
メダイチドリ、ダイゼンですね。
まだまだ識別の力が足りません。
経験を積んでいこうと思います。
お教えいただき、ありがとうございます。

プロフィール

すーさん(ペンたろう)

Author:すーさん(ペンたろう)
鳥や樹木を中心に自然観察を楽しんでいる50代男性。
ゆったり、自然に生きたいです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード