FC2ブログ

2019年夏の星見 奥庭にて その1 南天

WR1A7160_t_fuji.jpg

星見と鳥見をかねて、富士山方面へ行ってきました。来週は天候が悪そうなので、予定を変更して土曜日の深夜に出かけました。4日未明は、山中湖周辺は濃い霧に包まれて星を見ることはできませんでした。
早朝から北富士演習場で鳥見を楽しみ、気象情報を確認すると今夜の富士山は星が見えそうです。そこで急遽五合目周辺の奥庭に宿泊することにしました。
富士山パーキングでバスに乗り換え、奥庭に向かいます。
奥庭では、昼間は鳥見を楽しみ、星見は20時に宿を出て、10分ほど遊歩道を奥に進みます。
奥庭展望台手前の東屋周辺で、たった一人で約3時間星見を楽しみました。

WR1A7160_te2txt_fuji.jpg
富士山と天の川
今回、私が見たかった(記録したかった)図です。
奥庭から見る富士山頂はちょっと富士山らしくないですが。
天の川が富士山の上に斜めに流れています。両側には木星と土星。上方に、夏の大三角、わし座のアルタイルが写っています。画面からはみ出ていますが、天の川の続きには、こと座とはくちょう座が輝いています。

さて、もう一つ見たかったのは、富士山とさそり座と天の川の図です。

IMG_1537_b.jpg
富士山とさそり座

IMG_1537_txt.jpg
富士山とさそり座解説図

富士山の右(西)側にさそり座がくっきりと輝いていました。
3時間の間、さそり座がゆっくりと富士山から離れていく様をのんびりと楽しんでいました。

次回は、天頂に輝く夏の大三角と天の川について記録します。

2019年8月4日 20:20~23:15 山梨県 富士山奥庭展望台周辺
肉眼でとらえた流れ星5つ。撮影したのは1つ。
撮影した飛行機多数。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 夜空を見上げて
ジャンル : 写真

2019年夏の星見 奥庭にて その2 天頂付近に夏の大三角

富士山五合目奥庭展望台付近での星見記録続きです。

WR1A7311_b_amanogawa.jpg
頭上に天の川が流れます。
肉眼ではこんな感じに見えます。


WR1A7299_b_natunodaisannkaku.jpg
天頂付近に夏の大三角。

WR1A7299_b_txt_natunodaisannkaku.jpg
はくちょう座、こと座、わし座
そして、や座、いるか座。

WR1A7299_b_txt3_natunodaisannkaku.jpg
夏の大三角は、ほぼ頭上に輝いています。

WR1A7323_tb.jpg
のんびり星空を眺めました。

WR1A7323_tbe.jpg
天の川が見えるのは素敵です。

2019年8月4日 20:20~23:15 山梨県 富士山奥庭展望台付近

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 夜空を見上げて
ジャンル : 写真

2019年夏の星見 奥庭にて その3 北天

富士山五合目奥庭展望台での星見記録の続きです。

WR1A7283_b_kasiopea.jpg
北東の空にカシオペアが昇っています。

WR1A7275_b.jpg
北西の空には北斗七星が沈みつつあります。

WR1A7275_txt.jpg
北斗七星と北極星(こぐま座)解説図

WR1A7286_tb_harunodaikyokusen_20190807104116fc3.jpg
春の大曲線が沈みつつありました。

WR1A7286_tb_harunodaikyokusen_txt.jpg
春の大曲線解説図
北斗七星のひしゃくの柄を伸ばしていくと、アルクトゥルスやスピカが見えます。
スピカはすでに地平線の下に沈んでいました。今は夏ですからね。春ならば、天頂付近に輝いていることでしょう。



2019年8月4日 山梨県 富士山 奥庭展望台周辺

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 夜空を見上げて
ジャンル : 写真

2019年夏の星見 奥庭にて その4 まとめ

2019年の夏の星見は、ペルセウス座流星群の極大日周辺が月明かりがあるので、どうしようかと思案していました。
天の川を見るには、月明かりは困りものです。

そこで、予定を1週間早めて、急きょ富士山方面へ向かいました。
富士山と天の川をこの季節に見ようとすると、富士山の北側から東側が適しています。
3日深夜、山中湖へ向かいました。
山中湖は、残念なことに霧が立ち込めて星は全く見えませんでした。
そこで、高いところならば、霧の上に出られるだろうと、山中湖パノラマ台へ向かいました。
パノラマ台は、すでに富士山を撮影する人であふれていました。
朝日に照らされた赤富士と霧が晴れていく山中湖の景色を楽しみました。
IMG_7395.jpg

明るくなってからは、北富士演習場で鳥見を楽しみました。
ホオジロ、ノビタキ、ウグイス、ホオアカ、などを見ました。
ホオジロは、梢でさえずる姿をよく見ました。
ノビタキは、♂♀若とさまざまな姿が見られました。
ウグイスの姿は見えず、ホオアカは思ったより少なかったです。
IMG_7408.jpg

さて、この時点では奥庭行きを決めていませんでした。
富士吉田道の駅で吉田うどんと馬肉メンチのブランチを楽しみながら、天候チェックをした結果、「今夜の吉田口五合目の星空は○」と判断し、宿泊予約の電話を入れました。午前10時過ぎのことです。幸いにも、本日は空いていて快く受け入れてもらえました。ちなみに昨夜は、複数の団体が入っていて満員だったそうです。
富士山北麓駐車場でバスに乗り換えるのですが、夏休み、日曜、午前11時は大行列で、11:00のバスには乗り切れず、11:30のバスになってしまいました。
富士スバルラインのバスに乗車するときには注意が必要です。「奥庭で降ろしてください」と頼まないといけません。頼むと、乗車せずに待たされます。そして最後に乗車します。席は最前列の補助席です。補助席もいっぱいの満員になるので、奥に入ったら終点の五合目まで降りられなくなります。

IMG_7442.jpg
奥庭駐車場のトイレです。よく整備されていてきれいでした。
ここから、遊歩道を下って奥庭へ向かいます。

明るいうちに、奥庭荘の水場にくる鳥を見たり、星空を見る場所の下見をしたりして過ごしました。日差しは強いけれど、空気は澄んでいて、快適でした。そして、一時雲が出ましたが、夜は快晴で満天の星空を堪能できました。

奥庭荘で夕食(16:30!)をすませ、仮眠をして、20時に観望場所に選んだ奥庭展望台手前の東屋に向かいます。
空には、くっきりと三日月が輝いていました。でも遊歩道は闇の世界で、ヘッドライトの光の筋を頼りに、敷石の上を慎重に歩きました。明るいうちに下見に来ていなければ、ちょっといけないかもしれません。

10分ほど進んで東屋に到着。一人で星空を楽しみます。

WR1A7205_b_amanogawa.jpg
奥庭から富士山頂と天の川
富士山、天の川、夏の星座。この星空を見たかったのです。

WR1A7205_b_amanogawa_txt.jpg
奥庭から富士山頂と天の川解説図
天の川に沿った主な星座を眺めて楽しみました。
さそり座から、いて座、わし座、こと座、はくちょう座、カシオペア座など、満天の星空を満喫しました。
それらを全部まとめて撮影するのは難しく、さそり座は画面から外れてしまいました。

若ければ、朝まで観望を楽しむところですが、体調を考え、日付の変わる前に宿へ戻り、布団の上で休みました。
いい星空を楽しみました。

さて、8月12日~13日はどうしましょう?


2019年8月4日 山梨県 富士山 奥庭展望台周辺

観望地は、富士スバルライン奥庭から遊歩道を20分ほど下った奥庭展望台付近です。ちょっと開けたところに東屋があり、そこで星を眺めました。当日は、私以外星を見る人はなく、奥庭荘から真っ暗な遊歩道を独りで進みました。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 夜空を見上げて
ジャンル : 写真

自宅でペルセ群 2019年夏の星見

今年のペルセウス座流星群の観望は、月明かり、台風接近ということで、あまり気分が乗っていませんでした。

それでも、月明かりのない1週間前に、天の川を見に富士山五合目へ突如出かけました。
すばらしい星空を見て満足でした。

8月12日~13日は空が晴れてそうなところを探して、出かけるつもりです。車中泊(+日帰り入浴施設で仮眠)なので、その日その時晴れていそうな所へ出かけます。

さて、11日~12日の深夜、家のベランダで、機材の確認、撮影練習をしていました。
東京の明るい空ですが、露出設定を変えながら撮影していました。
その中の1枚に流れ星が写っていました

WR1A8114_t2_ryusei_.jpg
2019年8月12日 2:58 東京都杉並区
画像をクリックして拡大しないと分かりませんね。かすかに写っています。

WR1A8114_t2_ryusei_txt.jpg
解説版を作りました。東京23区の明るい空でもきちんと星が出ています。双眼鏡で見るとその数の多さに驚きます。また、このように、長時間露光すると、肉眼では見えていない星々が姿を現します。
露出時間 6秒 絞り 3.5  ISO-800 焦点距離10mm

WR1A8114_t2_ryusei_txt2.jpg
流れ星はどこに写っているかというと、右下の黄色い円の中です。
左上から、右下へ流れています。
左上にたどっていくとペルセウス座に行きつくので、この流れ星はペルセウス座流星群の流れ星といえそうです。ちなみに、ペルセウス座流星群の放射点(流星群に属する流星が放射状に飛び出してくるように見える1点)は、ペルセウス座ときりん座の間にあり、この写真では、ペルセウス座の左上にあたります。

2019年8月12日 午前2:58  東京都杉並区

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 夜空を見上げて
ジャンル : 写真

月と土星 2019年夏の星見

8月12日の夜から、山梨県へ星見に出かけました。

月と土星を撮影しました。
野鳥撮影用のカメラ、レンズを三脚に付けての撮影です。
はたして、何処まで写るのでしょうか。

Canon EOS 7D Mark II + EF100-400 1:4.5-5.6 L IS Ⅱ USM

WR1A8543_t_tuki-dosei.jpg

月と土星大接近後の様子 2019年8月13日午前0時23分 山梨県山梨市江曽原
月の西側に土星が見えました。
上の写真をクリックすると、拡大されます。
土星が楕円形に写っています。輪のある様子も分かります。

WR1A8542_t_dosei.jpg
土星を拡大しました。
Canon EOS 7D Mark II f/5 1/100 ISO-800 234mm を強トリミング

野鳥撮影用のカメラ、レンズで土星の輪を記録できたのは初めてです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 夜空を見上げて
ジャンル : 写真

ツバメの巣 餌をもらえたのは誰 山中湖のコンビニにて

ツバメの巣は、都会のマンション駐車場や高速道路のSAなどで目にすることが多いです。

8月上旬、山中湖のコンビニの軒下で、ツバメの巣を見ました

この巣には4羽の雛がいました。1羽は奥にいて、この写真では見えません。

WR1A6047_b_tubame.jpg
親鳥が餌を咥えても撮ってくると、大きな口を開けてアピールします。
さあ、3羽のうち、餌をも絶えたのは誰でしょう?

WR1A6056_b_tubbame.jpg
1回につき餌をもらえるのは、1羽です。

WR1A6057_b_tubame.jpg
どの雛が餌をもらえたのでしょう。

WR1A6059_b_tubame.jpg
分かりますか?

WR1A6060_b_tubame.jpg
餌をももらえた雛は、口を閉じ、ごっくんしています。
もらえなかった雛は、口を開いてアピールを続けています。

ということで、餌をも絶えたのは、右から2雁目の雛でした。

親鳥は、頻繁に餌を運んできます。
しばらく観察していましたが、毎回違う雛に与えるようにしていました。しっかり、区別(個体識別)できているのでしょうか?

ツバメは、あえて人間のそばで営巣しているので、まあいいかと、近い距離からじっくりと観察しました。


2019年8月6日 午前6時17分~18分
山梨県 山中湖村 旭日丘

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

2019年夏の鳥見 北富士演習場

早朝の北富士演習場へ行きました。

ホオジロのさえずりがよく聞かれました。

WR1A6111t.jpg

例年鳥がよく集まるポイントへ行ったのですが、鳥の気配はなし。
奥(南)の方へ進むと、ホオジロ、ウグイス、メジロ、キジバトなどが見られました。

WR1A6116t.jpg

ダートの道を富士山方向へ、車を走らせました。
ようやく、ノビタキやホオアカの姿が見られ、一安心。

WR1A6121_tb_nobitaki.jpg


WR1A6182_tb_nobitaki.jpg

WR1A6144_tb_nobitaki.jpg

WR1A6135_tb_hooaka.jpg

WR1A6150_tb_hooaka.jpg

年々鳥影が薄くなっているように思います。

WR1A6156b.jpg

富士山は頂上までくっきり見え、山中湖も逆光ながらはっきりと見えました。
風景写真や、植物写真なども楽しみました。

2019年8月4日 6:30-9:10
山梨県 北富士演習場
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。




関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

富士山奥庭の鳥 2019年夏の鳥見

富士山 五合目付近の奥庭荘の水場に来た鳥の記録です。

まずは、ウソ
WR1A6553_tb_uso.jpg
ウソ ♂
WR1A6544_tb_uso.jpg
水浴びをすると情けない姿になります。

コガラがやってきました。

WR1A6471_tb_kogera.jpg
平地ではなかなか見られません。

WR1A6414_tb_kogara.jpg

WR1A6411_tb_kogara.jpg

WR1A6408_tb_kogara.jpg
水場で待っていると、いろいろな鳥がやってきます。

WR1A6387_tb_kikuitadaki.jpg
日本最小の鳥 キクイタダキ

WR1A6365_tb_kikuitadaki.jpg
頭のてっぺんに 黄色の頭央線があります。
菊の花びらを載せているようなのでキクイタダキ(菊戴)です。

WR1A6363_tb_kikuitadaki.jpg

WR1A6359_tb_kikuitadaki.jpg
ちょこちょこ動きます。

WR1A6355_b_きくいただき

WR1A6353_tb_kikuitadaki.jpg

メボソムシクイがやって来ました。

WR1A6647_tb_mebosomusikui.jpg

WR1A6653_tb_mebosomusiku.jpg
じっくりと羽繕いをしていました。

ホシガラスは、翌朝現れて、水をのんで行きました。

2019年8月4日 山梨県 富士山 奥庭

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。


関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

富士山奥庭への道

天候が良さそうなので、富士山奥庭で1泊して鳥と星を見ることにしました。10時過ぎに宿へ電話を入れると、宿泊OKとのこと。昨日は団体が入っていて、満員だったそうです。ここに来る団体とは、野鳥ツアーの団体か、星空観望の団体です。昨日は、某高校の天文部のOB・OG会があったそうです。

この時期の富士スバルラインは、自家用車通行禁止です。富士山パーキング(富士北麓駐車場)で乗り合いシャトルバスに乗り換えます。私も、駐車場に車を置き、鳥と星の観察・撮影機材をいれたバッグを肩から下げてバスに乗って奥庭を目指します。
夏休み8月最初の日曜日の午前11時ということで、バス停には長蛇の列。11時のバスには乗れませんでした。

IMG_7428e.jpg

11時半のバスの先頭近くに並んでいたのですが、バスに乗るのは一番最後になりました。

なぜならば、終点のスバルライン五合目まで行かずに途中の奥庭で降りるからです。バスは補助席まですべて使う満員になるので、奥に入ったら降りることは困難です。必ず、乗車前に運転手さんに言って、最前列の補助席に乗せてもらいます。

奥庭は、五合目の手前です。満員のバスから降りたのは、私の他に1名でした。

IMG_7442_201908182048562f8.jpg


トイレを済ませ、奥庭へ遊歩道を下ります。ゆっくり歩いても10分ほどで、今夜の宿、奥庭荘に着きます。途中の遊歩道では、メボソムシクイの声が絶えず聞こえていました。

この日は、夕方までに宿の水場で野鳥撮影、遊歩道で野鳥観察、そして、夜間の星空観望に適した場所の下見をして過ごしました。
IMG_7457.jpg
宿の前の水場

IMG_7445.jpg
名物のコケモモジュース

IMG_7447.jpg
奥庭展望台の近く。ここを星空観望の場所に決定!

夕食は、なんと4時半からです。

IMG_7459.jpg
すき焼き、てんぷら、うなぎ蒲焼、そば、漬物、ごはん、メロンなど

星空がきれいに見えるのは、この季節夜8時過ぎ。それまで、部屋で仮眠をとりました。

IMG_7460.jpg

空は快晴でした。宿から遊歩道を10分ほど奥へ進み、たっぷりと星空を堪能しました。

WR1A7160_te2_fuji.jpg
富士山の上に横たう天の川 これが見えて、来て本当に良かったと思いました。


WR1A7205_b_amanogawa.jpg
天の川は肉眼でもよく見えました。

WR1A7205_b_amanogawa_txt.jpg


夜は、さすがに涼しいを通り越して寒さを感じるほどです。長袖シャツにゴアテックスの雨具を身につけて観望しました。
しかし、念のために持っていったフリース、ネックウォーマー、手袋は使いませんでした。
一晩中観望したかったのですが、明日の帰路、車を運転することを考えて、日付が変わるころに宿へ戻りました。
部屋は、和室をふすまで仕切って使います。掛け布団を使って快適に眠れました。

翌朝は、明るくなるころから鳥のさえずりが聞こえます。
朝食前に、遊歩道を散歩しました。この日も快晴でした。
遊歩道そばの木にコガラが止まってさえずってくれました。

奥庭展望台からの眺めが素晴らしかったです。

IMG_7470.jpg
遠くに南アルプスの山々が見えます。

IMG_7469.jpg
富士山の影が写っています。

IMG_7508.jpg
7時半ころ戻ったら、朝食は終わっていました。
一人だけで、取っておいてくれた朝食を食べました。
日本の朝ごはんです。納豆、生卵は必須ですね。
帰りは、五合目からバスに乗る予定で、大きな荷物を持って出発しようとしたら、見かねた?宿のご主人が、車で送ってくれました。たまたま、仕事にゆとりがあって特別待遇でした。

IMG_7510.jpg
スバルライン五合目から見た南アルプス。中央やや右側は、八ヶ岳。

IMG_7516.jpg

10時にはバスで麓に下りて、富士眺望の湯でゆったりと湯につかり、渋滞が始まる前に帰路につきました。

いい星見&鳥見でした。


2019年8月4‐5日 山梨県 富士山 奥庭


最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

夜行バスで 名古屋旅行2019夏

夏季休暇を利用して、名古屋へ行ってきました。
金曜日の勤務を終え、夜行バスで名古屋へ向かいます。土曜日の朝から活動するには、これが一番。

バスタ新宿は、快適なバスターミナルです。
IMG_7759.jpg
定刻の23:40にバスは出発。途中、横浜で乗客を乗せ、本日は満席。
3列独立 トイレ付 プレミアム+ワイドトです。¥8000を高いとみるか安いとみるかですが、私にとって3列独立は大事な条件です。
座席は6A。トイレの後ろでした。前席の背もたれが倒れてくることがないので良かったです。

IMG_7775.jpg
途中、愛鷹PA(1:50~2:20)、浜名湖SA(3:55~4:20)で休憩がありました。2回とも、体を動かす目的もあり、降車してトイレや売店をのぞいてみました。


未明の浜名湖SA。ほとんど、人はいません。

つい、お菓子を買ってしまいました。
IMG_7769.jpg
しっとりとしたおいしいバームクーヘンが4切れ入っていました。

時間調整の意味もあるので、4:20の集合時間に乗客全員がそろって車内灯が消えて10分間はバスは動きませんでした。

IMG_7780.jpg
終点の名古屋南笹島ライブには、6:20頃の到着。

IMG_7781.jpg
皆さんは、名古屋駅方面に向かいます。
私は、反対側へ。

そのわけは次回に。

2019年8月23日深夜~24日早朝
バスタ新宿~名古屋南笹島ライブ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。




関連記事

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

すーさん(ペンたろう)

Author:すーさん(ペンたろう)
鳥や樹木を中心に自然観察を楽しんでいる50代男性。
ゆったり、自然に生きたいです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード