FC2ブログ

キマユホオジロ 舳倉島で鳥見♪

10連休を利用して、石川県の能登半島の沖合にある舳倉島に鳥見に行ってきました。
舳倉島は周囲4kmあまりの小さな島で、標高は一番高い灯台周辺でも12mほどしかありません。人口は100人ほど。海女漁などの漁業に従事する人が多いようです。自動車は診療所に1台だけ。宿泊は民宿が2件あります。
そんな舳倉島ですが、釣りと野鳥観察のメッカです。野鳥は、春と秋の渡りの時期には、貴重な渡り鳥の休息地として、いろいろは種類の鳥が見られます。
初めての舳倉島楽しみにしていました。

2019年5月2日は朝から快晴で、朝7時半に舳倉航路の事務所へ行ったのですが、なんと「本日欠航」の表示が。ここは穏やかに見えても沖合はしけているそうです。
1日足止めを食って、舳倉島に渡ったのは5月3日。2泊3日の予定が1泊2日に短縮です。
舳倉島で見た鳥の記録をしていきます。

まずは、民宿の前の草地でみた鳥から。
民宿前に草地があって、簡単な観察窓の開いた壁や丸太を立てた椅子が置かれています。
草地の真ん中には桜の幼木があり、周囲も低い木で囲まれ、鳥たちは草地に降りて採餌したり、木にとまったりしていました。
一番多かったのはカワラヒワです。カワラヒワに交じって、初見・初撮りの鳥がいました。

WR1A3512tb_kimayuhoojiro.jpg
民宿前の草地で採餌している鳥たち。

WR1A3405tb_kimayuhoojiro.jpg
眉が黄色い鳥がいます。

WR1A3565tb_kimayuhoojiro.jpg
その名も、キマユホオジロ初見・初撮りです。

WR1A3561tb_kimayuhoojiro.jpg
正面顔。五本の白っぽい線のうち、眉に当たる2本が黄色です。

WR1A3522tb_kimayuhoojiro.jpg
採餌に夢中ですが、時折顔を上げてあたりをうかがっています。

WR1A3411tb_kimayuhoojiro.jpg
眉の黄色は個体差があり、角度によっては白く見えるものもいました。

WR1A3543tb_kimayuhoojiro.jpg
桜の幼木にとまったキマユホオジロ。
舳倉島では、シロハラホオジロ、ミヤマホオジロ、コホオアカなども見られました。

標準和名:キマユホオジロ  黄眉頬白
学名:Emberiza chrysophrys ホオジロ 金色の眉の
英名:Yellow-browed Bunting  黄色い眉の ホオジロ

和名、学名、英名ともに、黄色い眉に由来した名前です。

2019年5月3日 石川県 舳倉島

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シロハラホオジロ 舳倉島で鳥見♪2

舳倉島で見た鳥の記録の2回目 シロハラホオジロです。

WR1A3943tb_siroharahoojiro.jpg
水場に現れたシロハラホオジロ

WR1A3961tb_siroharahoojiro.jpg
草の実などを食べているようでした。

WR1A4075tb_siroharahoojiro.jpg
胸は薄い茶褐色。その名のとおり、腹は白いようですが、胸の褐色が目立ち、腹が白いという象は弱いです。


WR1A4073tb_siroharahoojiro.jpg
黒い頭に、5本の白線が走っています。

2019年5月3,4日 石川県 舳倉島

シロハラホオジロ 白腹頬白
学名:Emberiza tristrami ホオジロ トリストラム(英国の鳥類学者)の
英名:Tristram's Bunting トリストラムの ホオジロ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミヤマホオジロ 舳倉島で鳥見♪ 3

10連休を利用した舳倉島での鳥見記録 3
ミヤマホオジロもいました。前々回のキマユホオジロと似ています。

WR1A3308tb_miyamahoojiro.jpg
前々回に紹介したキマユホオジロとも似ていますが、目の下の喉から顎も黄色です。

WR1A3315tb_miyamahoojiro.jpg
草の実などを盛んに食べていました。

WR1A3317tb_miyamahoojiro.jpg
冠羽をたたんでいると印象が違います。

WR1A3319tb_miyamahoojiro.jpg
ちょっと違う鳥のように見えます。

WR1A4008tb_miyamahoojiro.jpg
色味の薄いメスが、枝にとまって冠羽を立てていました。ちょっとカシラダカにも似ています。

WR1A3823b_miyamahoojiro.jpg


WR1A3816tb_miyamahoojiro.jpg
冠羽と喉元にかすかに黄色が見られます。

標準和名:ミヤマホオジロ 深山頬白
学名:Emberiza elegans ホオジロ エレガンスな
英名:Yellow-throated bunting 黄色い喉の ホオジロ

2019年5月3,4日 石川県 舳倉島

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

マミジロキビタキ♀? 舳倉島での鳥見♪ 4

舳倉島での鳥見記録続きです。
民宿前の広場周辺では、さまざまな鳥を見ることができました。
ノビタキ、サンショウクイ、コムクドリ、コホオアカ、キマユホオジロ・・・
さて、この鳥は何でしょう?

WR1A3618tb_mamijirokibitaki.jpg

WR1A3621tb_mamijirokibitaki.jpg

WR1A3623tb_mamijirokibitaki.jpg

WR1A3623tb2_mamijirokibitaki.jpg

腰が黄色です。
マミジロキビタキ♀の特徴を有しています。


2019年5月3日 石川県 舳倉島

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。



関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ムジセッカ? 舳倉島での鳥見♪ 5

10連休中の舳倉島鳥見記録から
ムジセッカと思われる固体

WR1A3500tb_mujisekka.jpg
診療所と学校の間の小さな畑にちょこちょこ動き回る鳥がいました。上面は一様な灰褐色。

WR1A3496tb_mujisekka.jpg
菜黒くとがったくちばし。花を動き回って採餌しているようです。

WR1A3485tb_mujisekka.jpg
虫を探しているのでしょうか。

WR1A3484tb_mujisekka.jpg
葉の上に乗ってあたりの様子をうかがっています。

WR1A3483tb_mujisekka.jpg
下面は汚白色。脚は細く、肉褐色。

WR1A3481tb_mujisekka.jpg
伸びあがって周囲をうかがっています。

WR1A3479tb_mujisekka.jpg
過眼線、細く明瞭な眉斑、くちばしは細く黒、下嘴は黄橙色。

識別は難しいです。

標準和名 ムジセッカ 無地雪加
学名 Phylloscopus fuscatus  葉の観察者 黒ずんだ
英名 Dasky Warbler 汚れた  Warbler(ウグイス) 


2019年5月3日 石川県 舳倉島

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。



関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

すーさん(ペンたろう)

Author:すーさん(ペンたろう)
鳥や樹木を中心に自然観察を楽しんでいる50代男性。
ゆったり、自然に生きたいです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード