FC2ブログ

オオタカ 若

10月下旬、境川遊水地公園へ鳥見に行ってきました。

オオタカの若が対岸から飛んできました。
飛んできたほうへ行ってみると、遊歩道の杭に留まっていました。

IMG_1319tb_ootaka.jpg
しばらく、羽繕いなどをしていましたが、

IMG_1510tb_ootaka.jpg
獲物を見つけたのか、

IMG_1513tb_ootala.jpg
左の池の斜面の方へ飛び出しました。

IMG_1514tb_おおたか

IMG_1515tb_ootaka.jpg

そのまま茂みに入り、見失いました。狩りが成功したのか、分かりませんでした。

2014年10月25日 神奈川県 境川遊水地公園

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。



FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオタカ 若 2

10月下旬の境川遊水地公園鳥見 つづき 
一度見失ったオオタカでしたが、しばらくして手前の茂みから、対岸の木へ移りました。
池にはカモたちがいるのですが、全く無警戒というか、相手にしていませんでした。
IMG_1523tb_ootala.jpg
飛び立って、池を渡ってこちらに来ます。

IMG_1524tb_ootala.jpg
黄色い目が獲物を見据えます。
狙ったのは、コサギでした。

IMG_1775tb_ootala_kosagi.jpg
池のふちの葦のかげで休んでいたコサギ。
オオタカ若の急襲を察して逃げの体勢。

IMG_1776tb_ootala_kosagi.jpg
間一髪で飛び立つコサギ。右上から迫るオオタカ若。

IMG_1777tb_ootala_kosagi.jpg
コサギ さらに上昇して逃げの体勢。

IMG_1778tb_ootala_kosagi.jpg
オオタカ若、右横につける。

IMG_1779tb_ootala_kosagi.jpg
オオタカ若、最接近、

IMG_1780tb_ootala_kosagi.jpg
コサギ、左へ旋回。

IMG_1781tb_ootala_kosagi.jpg
コサギ、左へ急旋回。オオタカ若も後を追う。

IMG_1782tb_ootala_kosagi.jpg
オオタカ若、左へ急旋回…

IMG_1783tb_ootala_kosagi.jpg
オオタカ若、あきらめた?

IMG_178tb_ootaka.jpg
しかし、猛スピードで後を追う。

IMG_1791tb_ootaka
追う。

IMG_1795tb_ootaka.jpg
追う。
…今回の狩りは、失敗でした。

こうやって、狩りの練習をしているのでしょうね。

2014年10月25日 神奈川県 境川遊水地公園

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。



FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。






関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオタカ 若 3

10月下旬 境川遊水地公園のオオタカ 若 その3

狩りに失敗した若いオオタカは、中の島の木の茂みに入りました。

IMG_1540b.jpg
手前の池には、カワウ、カルガモ、マガモがいます。オオタカがどこにいるかわかりますか?
カモたちは、全く意に介していません。平穏です。

IMG_1540be.jpg
黄色い円の中にカワウとカルガモ、マガモがいます。
赤い円の中に、オオタカがいます。


IMG_1552tb_ootaka.jpg
中の島に潜むオオタカ


IMG_1553tb_ootaka.jpg
獲物を求めて飛び出します。

IMG_1554tb_ootaka.jpg
かっこいいです。
カルガモ、マガモやカワウは、獲物にするにはちょっと大きすぎるようで、素通りして飛び去りました。
オオバンを襲うかと思いましたが、素通りして、飛び去りました。

今朝一番、遊歩道の手すりに留まっていた後、斜面でしばらく出てこなかったので、その時、食事にありついていたのかもしれません。

2014年10月25日 午前6時45分~9時45分
神奈川県 境川遊水地公園
オオタカ若、コサギ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、カイツブリ、マガモ、コガモ、カルガモ、カワウ、オオジュリン、モズ、カワセミ、ハクセキレイ、カワラヒワ、キジバト、ハシボソガラス、ヒヨドリ30+南へ通過。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。



FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

秋の狭山湖 オオバン

11月上旬に狭山湖に鳥見に行きました。

オオバンが、群れで動いていました。
北のほうから泳いできて、堤防に上がって採餌を始めました。

IMGSXIMG_1855tb_oobann.jpg
餌を求めて小走りに動きます。ひれあしが見えます。
くちばしから緑の草がのぞいています。

IMGSXIMG_1857tb_ooban.jpg
緑の草を食べているようです。

IMGSXIMG_1892tb_ooban.jpg
2羽で仲良く採餌中。

IMGSXIMG_1887tb_ooban.jpg
しっかり食べていました。
時折、何かに驚いて一斉に湖面を走って逃げていました。
IMGSXIMG_1811tb_oobann.jpg
マガモの横を走り抜けます。

IMGSXIMG_1812tb_oobann.jpg
湖面を走ります。

IMGSXIMG_1815tb_oobann.jpg
走ります。

IMGSXIMG_1818b_oobann.jpg
一斉に飛び立ちましたが、しばらくすると戻ってきて餌を食べていました。
観察中に、3回繰り返していました。

2014年11月3日 埼玉県 狭山湖

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。



FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。


関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

秋の狭山湖 マガモ換羽中

11月上旬の狭山湖鳥見 続き
一番多かったカモは、マガモです。
エクリプスから換羽途中の♂がたくさん見られました。

IMGSXIMG_1735tb_magamo.jpg
この個体のくちばしは、マガモ♀のように見えますが、色が♂のレモン色に近い感じです。
尾のあたりは、マガモ♂の特徴が出ています。尾羽がカールしています。
後頭部あたりに青い(緑)の光沢のある羽が出ています。
白い首輪もぼやけていますができています。
足は、オレンジ色です。黒っぽい過眼線が目立ちます。
もしかしたら、カルガモかアヒルの血が入っているのでしょうか?

IMGSXIMG_1794tb_magamo.jpg
この個体のくちばしは、♂らしい黄色です。

IMGSXIMG_1820tb_magamo.jpg
この個体は、首の白い輪ができかかっています。
羽の感じは上の個体とかなり異なります。メスのような褐色で羽縁と羽軸が白っぽい羽です。

IMGSXIMG_1824tb_magamo.jpg
同じ個体。尾羽のカールが見えません。

IMGSXIMG_1786tb_magamo.jpg
比べてみると、奥の個体の方が換羽が進んでいるのが分かりますね。

IMGSXIMG_1790tb_magamo.jpg
胸の茶色が目立ちます。過眼線も見られます。

IMGSXIMG_1775tb_magamo.jpg
側頭部~後頭部が緑がかっています。

IMGSXIMG_1956tb_magamo.jpg
これは、♀ですね。

IMGSXIMG_1738tb_magamo.jpg
♂2、♀1

IMGSXIMG_1731b1_magamo.jpg
この日、マガモが一番多くいました。30羽以上。カウントすればよかったかな?

2014年11月3日 埼玉県狭山湖 堤防付近南側

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。



FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

秋の狭山湖 カイツブリ類

狭山湖で見た カイツブリの仲間
IMGSXIMG_1656tb_hajirokaituburi.jpg
目の赤いカイツブリがいました。

IMGSXIMG_1657tb_hajirokaituburi.jpg
よく潜ります。
1分以上潜っていました。

IMGSXIMG_1659tb_hajirokaituburi_20141119054708d3d.jpg
目が赤く、くちばしが上に反っています。
ハジロカイツブリです。


IMGSXIMG_1667tb_mimikaituburi.jpg
このカイツブリも目が赤いのですが、顔の白黒がはっきりしています。
くちばしは、太く見えて、上に反っていません。

IMGSXIMG_1689tb_mimikaituburi.jpg
額の傾斜がなめらか。首もやや長くて白いです。

IMGSXIMG_1684tb_mimikaituburi_kinkurohajiro.jpg
キンクロハジロなどのカモの群れの中にいました。
ミミカイツブリのようです。


IMG_1936tb_kanmurikaituburi.jpg
カンムリカイツブリは、岸から離れたところにいました。(この写真は10月26日撮影)

2014年11月3日 埼玉県 狭山湖


最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。




関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

初冬の早戸川林道 ジョウビタキ

早戸川林道に冬鳥を見に行きました。
土産物屋が並ぶ前の駐車場(有料)に車を停めてゲートのわきを抜けて歩いて行きました。
5分ほど歩くとモズの声。
高い木のてっぺんに留まっていました。
斜面の藪に鳥の動き。
双眼鏡を向けるとジョウビタキ♂でした。
IMG_1980_t_jobitaki.jpg
赤く色づいた葉に溶け込んでいます。
なぜここに出てくるかというと…
IMG_1982_tb_jobitaki.jpg
食糧があります。

IMG_1984_tb_jobitaki.jpg
おいしそうについばんでいました。

IMG_1987_tb_jobitaki.jpg
やけにオレンジ色がきれいなのは、紅葉との相乗効果でしょうか。

IMG_1993_tb_jobitaki.jpg
なかなか男前です。

IMG_2000_b_jobitaki.jpg
別の個体。色が薄いです。

IMG_2005_tb_jobitaki.jpg
幼鳥でしょうか?

2014年11月16日 7:40-12:00 神奈川県 宮ヶ瀬湖周辺(早戸川林道)
モズ、ジョウビタキ、アオジ、ホオジロ、カワウ、マガモ、シジュウカラ、エナガ、トビ、ハシボソガラス、ヒヨドリ、ベニマシコ(声のみ)

別の人が書いていましたが、この日は鳥の出が悪かったそうです。土曜日にたくさんの人が鳥見に来るので日曜日は警戒して出が悪いそうです。また、鳥を追いかけてしまう人がいると、なかなか戻ってこないそうです。

ビジターセンター側の有料駐車場は朝は無人。出るときに「朝からです」といって料金300円を払った。
林道の反対側のゲートそばには、路駐できるスペースがあり、何台も鳥見の人たちが車を停めていた。こちらから行くのが普通らしい。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。


FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

初冬の秋ヶ瀬公園、田んぼ

初冬の秋ヶ瀬公園と田んぼに鳥見に行きましたl

まずは、田んぼへ。

IMG_2289tb_kawarahiwa.jpg
田んぼで食事中なのは、おなじみのカワラヒワ。
10羽ほどの群れで動いていました。

IMG_2233tb_jobitaki.jpg>
田んぼにジョウビタキ♀。が1羽。

森には、おなじみのシジュウカラ。
IMG_2428b_sijukara.jpg
シジュウカラ、コゲラ、エナガの群れで動いていました。

IMG_2458tb_sijukara.jpg
込み入った枝の中で、リラックスして羽繕いをするシジュウカラ。

IMG_2222tb_sime.jpg
シメが来ていました。

IMG_2227tb_sime.jpg
シメ。悪人面に見えてしまいます。黒ひげ、黒覆面・・・。

IMG_2399b_aoji.jpg
アオジがいました。

IMG_2417tb_uso.jpg
森には、ウソも来ていました。私は今シーズン初認です。

IMG_2389b_tanuki.jpg
水路にタヌキがいました。ここで見るのは初めてです。

2014年11月23日 午前  埼玉県 秋ヶ瀬公園とその周辺
秋ヶ瀬田圃。ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、ハシボソガラス、ジョウビタキ♀、ツグミ、キジバト、ドバト。水路にカルガモ、マガモ、コガモ。そして、タヌキ。

秋ヶ瀬公園、こどもの森。シメ、ジョウビタキ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、スズメ、ヒヨドリ、モズ、アオジ、シジュウカラ、エナガ、コゲラ、キジバト。
ピクニックの森でウソ♂1。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。



FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

初冬の見沼自然公園1 オオバン、バン、鳥への給餌

初冬の見沼自然公園へ鳥見に行きました。
鳥や植物の様子を、何回かに分けて記録します。
1回目は、バン、オオバン、そしてえさやりについて思うこと。

オオバンがいました。
IMG_2628b_ooban.jpg
池から上がり、すたこら歩いています。

IMG_2630b_ooban.jpg
なぜか、野原を歩くオオバン。

IMG_2632b_ooban.jpg
野原を歩くオオバン。
鰭足(ひれあし)がよく分かります。

IMG_2632tb_ooban.jpg
ひれあし拡大。

IMG_2572b_ban.jpg
バンも歩いています。足にはひれも水かきも見られません。

バンとオオバン両方の歩き姿が見られてよかったのですが、なぜ、地面を歩いているかというと・・・・



IMG_2580tb_kyuji.jpg
家族連れが餌をまいているのでした。

IMG_2601b_kamo_kyuji.jpg
一番人に慣れて近寄ってくるのは、オナガガモ。これは都市公園では、どこも共通していると思います。
そして、負けないくらい近寄ってくるのは、ヒドリガモ。
オオバンや、バンはそれほどには近寄りません。

そして、全く近寄らないカモがいました
次回は、そのカモを紹介します。

2014年11月24日 午前 埼玉県 見沼自然公園  池
池のほとりで餌をやっているあたりにいたのは、オナガガモ、ヒドリガモ、カルガモ、オオバン、バン、ハクセキレイでした。、中の島の方からカワセミの声がしていました。

野鳥へのえさやりは、基本しないほうがいいです。
日本野鳥の会をはじめ、多くの方々がその弊害を説いています。

しかし、写真撮影のために渡りの小鳥を餌でお立ち台に導き、その場に長くとどめようとするのは避けるべきだと思いますが、公園で家族連れがパンの耳などをまいて、鳥に囲まれて楽しそうにしているのを見ると、一概に悪いとは言えないような気がします。都市公園で冬に鴨にパンの耳などを与えるのは、私が子供のころからずっと行われてきていて、それで別段、害があったとは思えないからです。

都市公園でのカモ類へのえさやりが、明確に禁止されて看板などで明示されたきっかけは、鳥インフルエンザ対応だったように思います。もちろんそれまでも餌やりの弊害は知られていましたが、マスコミなどを通して、また、行政や公園の管理者が強くアピールして「餌やりをしてはいけない」が一般に広く浸透したのはその時だったと思います。そして、それ以降、都市公園から劇的にカモ類は減ったのではないでしょうか。特に東京23区西部の都市公園では、オナガガモの減少は著しいと思います。残念ながら記録をとっていないので、あくまでもそう感じるとしか言えないのですが…。

また、ハクチョウやツルに対する給餌、餌の少ない冬場に個人が行う庭先の給餌(餌台)などは、どうなのでしょう。
農業や漁業などの人間の営みと、鳥の生活は古来から深くかかわっています。牛やトラクターが耕す後に出てくる虫をねらって集まるアマサギやツバメ。漁のおこぼれを狙うカモメ類。人家に好んで巣を作るツバメ。田んぼや畑をえさ場とする鳥。人間の作り出した里山の環境は、鳥たちにとって大切な生きる場です。人が一切かかわらない自然が、人間や鳥にとって最適なわけではないことは言うまでもありません。

一概に「えさやり禁止」というより、鳥と人との望ましい関係を作っていくためにどうすればよいのかを考えていくことが大切だと思います。

長くなりました。最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。



関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

すーさん(ペンたろう)

Author:すーさん(ペンたろう)
鳥や樹木を中心に自然観察を楽しんでいる50代男性。
ゆったり、自然に生きたいです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード