FC2ブログ

鹿児島県野間池~大浦干拓

正月休みを利用した九州鳥見旅行
激しい歯痛に悩まされた3日間でもあった。

最初に訪れたのは鹿児島県野間池港
IMGSXIMG_7955e.jpg
カツオドリが来てダイブすることもあるそうですが、全く気配は無し。
トビが舞う程度で、カモメもウも見られない。
IMGSXIMG_7957b_kasasa.jpg
笠沙付近 ヨシガモの群れがいたが、警戒心が強く、どんどん沖へ遠ざかってしまった。
IMG_5951te_yoshigamo.jpg

IMG_5965b.jpg
カワラヒワの群れ 大浦干拓

2014年1月3日 鹿児島県野間池付近 トビ ヨシガモ イソヒヨドリ
鹿児島県大浦干拓付近 アトリ カワラヒワ タヒバリ ミサゴ ノスリ


最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。
関連記事

万之瀬河口

冬の九州鳥見旅 次に訪れたのは万之瀬川の河口付近
IMG_5990eb_kurotura.jpg
クロツラヘラサギの群れ 

IMG_5990b.jpg

IMGSXIMG_7965eb_monose.jpg
対岸は遠く、肉眼で見るとこんな感じ。

2014年1月3日 鹿児島県
最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出水のツル

冬の九州鳥見旅 出水平野のツルの様子です。
現地に着いたのは1月3日の夕刻。付近の田んぼに家族単位のグループでツルはいました。
ツル観察センターの隣の民宿に泊まり、翌日は早朝から観察しました。

IMG_6232b_nabeduru.jpg
ナベヅルの飛翔。

IMG_6274te_nabeduru.jpg
鳴きながら飛ぶナベヅル。

IMG_6238b_nabeduru.jpg
着地体勢に入るナベヅル。

IMG_6457tb_nabeduru.jpg
水を飲むナベヅル。

IMG_6456te2_nabeduru.jpg
水を飲むところをアップで。

IMG_6460tb_nabeduru.jpg
ナベヅルの飛び出し。


IMG_6309b_manaduru.jpg
餌場に飛来するマナヅル。

IMG_6316te_nabeduru.jpg
着地体勢のマナヅル。

IMG_6224b_manaduru.jpg
マナヅル

IMG_6297te_manaduru.jpg
マナヅルのグループの飛翔。中央の頭が黄土色の個体が昨夏生まれた若鳥。

IMG_6488b_kanadaduru.jpg
カナダヅル。

IMG_6467b_ikanadaduru.jpg
カナダヅル

出水市ツル博物館によると、12月調査日のツルの数は以下の通り。
ナベヅル  10,218
マナヅル   2,066
カナダヅル       4
クロヅル       4
ナベクロヅル    2
合   計 12,294羽だそうです。
1万羽を超えるツルの中から数羽しかいないカナダヅルを見つけられたのはラッキーでした。
東干拓でクロヅルのいる場所も教えてもらいました。見たのですが遙か遠くで写真は撮れませんでした。
カナダヅルはすぐ近くにいました。
ここでのツル見は、東干拓の監視小屋で教えを請うことをお勧めします。

2014年1月3日-4日 鹿児島県出水

最後までご覧いただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると幸いです。また、クリックしていただくと、鳥に関する人気ブログ一覧表のページにジャンプします。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

マナヅルの親子


お正月の九州鳥見旅行の記録続き

IMGSXIMG_7984te2_manaduru.jpg
出水平野の田んぼにて、餌を子に渡すマナヅルの成鳥。

IMGSXIMG_7984b_manaduru.jpg
餌の捕り方を教えているのかもしれない。

IMG_6297te_manaduru.jpg
昨夏生まれて、はるばる飛んで来た(日本野鳥の会webページによると「中国東北部とロシアの境を流れるアムール川流域や,それよりやや北の地域で繁殖」)若鳥にとって、日本の田んぼは初めての環境。

2014年1月3日 鹿児島県出水市

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出水のツル 保護について

出水のツルの保護活動について
ねぐら、餌場は、周囲をフェンスで囲まれ、一般の人は立ち入ることは出来ません。
ねぐらの田には水が張られて、小動物から守られています。
IMG_6165eb.jpg
水の張られた田。ツクシガモ、マガモなども集まっています。
保護区は広く、写真撮影をしている民宿前の道路から水の張られた田の後方まで全てが保護区です。


餌やりは、軽トラックで麦、古米などを撒いていました。
IMG_6162e_turuesa.jpg
朝7時頃フェンスの中に入った軽トラックから餌は撒かれます。
その時飛び立つ鶴の様は圧巻です。

IMGSXIMG_8295_b_turu.jpg
飛び立った鶴たちが上空を舞います。

IMG_6357_b.jpg
餌を撒いたトラックが去り、しばらくすると鶴たちは集まってきます。
餌を撒いた道路に沿って、ラッシュ状態です。

IMG_6325_b.jpg
一面鶴で覆い尽くされる感じです。


IMG_6327_tb.jpg
このような保護活動のおかげで、割と間近にツルを観察することが出来ます。
中央はマナヅルの若鳥。

IMG_6386_tb.jpg
マナヅル(左)とナベヅル(右)

IMG_6386_t.jpg
マナヅルの顔をアップで。

こちらの保護区は「ツル観察センター」(有料)の屋上から全体を見渡すことが出来ます。
但し、早朝は開いていないので、となりの食堂の屋上が絶好の観察ポイント。
また、隣の民宿「新ツル見亭」に泊まれば部屋からしっかりと見ることが出来ます。私も今回ここに泊まりました。
それ以外はフェンスで囲まれているのでほとんど見られる場所はありません。
一般の観光客は、この「ツル観察センター」からツルを見ます。

一方の東干拓の保護区
こちらは観光客はほとんど無く、鳥見の人のみといった感じです。
カナダヅルを至近距離で観察したのはこちら。また遙か彼方にクロヅルを見つけたのもこちらの東干拓です。
IMG_6512_tb_kanadaduru.jpg
カナダヅル。全身灰青色で美しい鳥です。

IMG_6510_tb_kanadaduru.jpg
採餌中のカナダヅル。ツル監視所や餌やりの車が入る門の周辺から観察します。

IMG_6496_b.jpg
東干拓を飛ぶ鶴たち。

見つけられなかったけれど、アカツクシガモがいたのもこちらです。

2014年1月4日 鹿児島県出水市

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。


関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

出水平野のツル

出水のツルの記録も今回で一区切り。
飛翔シーンを載せます。

IMG_6436tb_manaduru.jpg
マナヅル。大きい。灰青色が目立つ。目の周りが赤い。首に灰青色の線がはいる。

IMG_6303te_manaduru.jpg
頭が黄土色なのは、昨夏生まれた若鳥。基本的に家族で行動する。

IMG_6274te_nabeduru.jpg
鳴きながら飛ぶナベヅル。鍋の底のように黒いから鍋鶴。やや小さい。

民宿「新ツル見亭」さん、ツル監視所の方にお世話になりました。
2014年1月4日 鹿児島県出水市


最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ツクシガモとハマシギのツーショット 

正月の九州鳥見旅行 続き
ツクシガモとハマシギのツーショット
IMG_6763tb_tukusigamo.jpg
餌を食べるのに夢中です。
かわいいです。左:ハマシギ、右:ツクシガモ

IMG_6764tb_tukusigamo.jpg
このツクシガモ、群れから離れて単独で行動していました。
群れは、遙か沖合数百メートルのところにいます。

2014年1月5日 佐賀県

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ツクシガモとダイシャクシギのツーショット

正月の九州鳥見旅行の記録 続き
ツクシガモとダイシャクシギのツーショット
IMGSXIMG_8432tb_tukusi.jpg
このツクシガモは、餌を食べるのに夢中。群れから離れて単独行動中。
左:ダイシャクシギ、右:ツクシガモ

IMGSXIMG_8426tb_daisyakusigi.jpg
下にわん曲した大きなくちばしが特徴のダイシャクシギ。

IMG_6798tb_daisyakusigijpg.jpg
飛ぶと腰が白いのが分かります。

2014年1月5日 佐賀県

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

佐賀のクロツラヘラサギ

正月の九州鳥見旅行の続きです。
佐賀の干潟にはクロツラヘラサギの群れがいました。
潮が引くにつれて沖合へ飛び去りました。

IMGSXIMG_8453tb_kuroturaherasagi.jpg
現地に着いたときには4羽固まっていたのですが、すぐに2羽が飛び立ち、残った2羽です。
1羽は、脚に標識をつけています。白いタグに「RU11」と書かれています。

IMGSXIMG_8457tb_kuroturaherasagi.jpg
伸びをしました。そろそろ飛び立つのかな?

IMGSXIMG_8467tb_kuroturaherasagi.jpg
前方を見据えて。

IMGSXIMG_8469tb_kuroturaherasagi.jpg
飛び立ちました。

IMGSXIMG_8470tb_koroturaherasagi.jpg
この後、のこりの1羽も沖合へ飛び立ちました。

IMG_6871_b_kuroturaherasagi.jpg

沖合と行っても遙か先まで干潟が続いています。

2014年1月5日 佐賀県

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

佐賀のカササギ

正月の九州鳥見旅行の続きです。

佐賀と言えばカササギ
日本中でここにしかいない鳥です。
一説によると、秀吉の朝鮮出兵の際に、戦国武将が持ち帰ったものだといいます。カササギは、その鳴き声から、かちどり(勝ち鳥)といわれていること、朝鮮半島に棲息していることから、なるほどと思わせます。なお、近年北海道の苫小牧などでも確認されています。私は、フェリーに乗って行ったのだろうと思っています(^~^)。

2010年8月に訪れたとき(鳥見が目的ではないが・・・)見られなかったので、今回見られてよかったです。

IMG_7022_tb_kasasagi.jpg
番でしょう。仲よく電柱にとまっていました。
オナガのようで、黒白のツートンカラーに見えるのが特徴。肩が白いです。

IMG_7056tb_kasasagi.jpg
羽の色がきれいなのですが、なかなか表現できません。

IMG_7001tb_kasasagi.jpg
飛翔姿も美しいです。

IMG_6992tb_kasasagi.jpg
カラスの仲間です。オナガに似ているのも納得です。

おまけ
RIMG0172tb_saga.jpg
佐賀の橋にかかる街灯。見事なカササギ型。
街灯だからどこかが光ります。
光った写真は、また改めて・・・。

2014年1月5日 佐賀県佐賀市内

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

すーさん(ペンたろう)

Author:すーさん(ペンたろう)
鳥や樹木を中心に自然観察を楽しんでいる50代男性。
ゆったり、自然に生きたいです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード