FC2ブログ

巣作り シジュウカラ

震災後、初めて鳥見に行きました。
葛西臨海公園で、シジュウカラが地面で必死に巣材集めをしていました。
シジュウカラ巣材集め
2011年4月2日 東京都葛西臨海公園

草や苔のようなものをたくさん咥えては、飛び立ちます。近くに巣があると思って見回すと。
シジュウカラ巣
なんと、すぐそばの街路灯の隙間に巣を作っていました。
ほぼひっきりなしに巣材を運び込んでいました。
しばらく、観察・撮影を楽しみました。近くの梢からシジュウカラの警戒音が聞こえたので、すぐにその場を去りました。

ちょうど隙間の大きさが、ちょうどよかったのですね。シジュウカラの巣箱を作るときは、直径2.9cmほどの穴を開けます。小さすぎたら入れないし、大きすぎると外敵におそわれる恐れがあります。街路灯の隙間は、ようやく通れるほどなので、ちょうどよかったのでしょう。
雛がかえって餌の虫を運び込む姿が見られるといいですね。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください

人気ブログランキングへ
よろしければクリックしてください
関連記事

春の通勤路

震災の報道や放射性物質の拡散に心が重い毎日です。
自転車通勤の途中、ちょっと立ち止まってマンションの植え込みの植物を見ました。
R0019643.jpg

R0019645.jpg

R0019640.jpg

R0019648.jpg

R0019647.jpg

R0019651.jpg

R0019652.jpg

R0019642.jpg


最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください

人気ブログランキングへ
よろしければクリックしてください
関連記事

夏羽に変わりつつある ユリカモメ

干潟には、頭が黒くなりかけたユリカモメがたくさんいました。
IMG_5417b_yurikamome.jpg
2011年4月2日 東京都葛西海浜公園

もう少しすると、こんな風に頭が真っ黒になります。
IMG_2180b.jpg
2010年4月25日 千葉県谷津干潟

冬羽はこんな感じです。
R0011755_edited-1.jpg
2009年12月30日 東京都皇居外苑

これが秋~春にかけて普通に見られるユリカモメの姿です。夏羽になるとすぐに北の繁殖地へ渡って行くので、夏羽はなかなか見られません。

ユリカモメは、小型のカモメで、くちばしと足が赤。冬羽では、白い頭にヘッドホンをしているように見える黒斑があります。夏羽は頭が真っ黒でズグロカモメと似ていますが、スグロカモメはくちばしも真っ黒です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください

人気ブログランキングへ
よろしければクリックしてください
関連記事

夏羽に変わりつつある オオジュリン

芦原にオオジュリンがいました。
頭や頬が黒く変わりつつあります。
IMG_5246tb.jpg
2011年4月2日 東京都葛西臨海公園

IMG_5262tb.jpg
こちらは、♀かな。

オオジュリンは大寿林と書きます。意味は不明です。一説によると、鳴き声のチュリーンを寿林と字を当てたそうです。大きなチュリーンとなく鳥ということになります。中国名は、芦燕。芦にいるので納得です。英語名はReed Bunting(芦のホオジロ)。これも納得です。大寿林は、芦の茎の中の虫を好んで食べます。茎を割る音がバキバキ響いて、オオジュリンがいることに気付くことも多いです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください

人気ブログランキングへ
よろしければクリックしてください
関連記事

ホオロクシギ

谷津干潟にホウロクシギがいました。
IMG_5444tb.jpg
2011年4月2日 千葉県 谷津干潟
IMG_5443tb.jpg

ホウロクシギは、焙烙鷸と書きます。
焙烙とは、素焼きの平たい土鍋のようなもので、お茶の葉を焙じたり、煎りものをするときにつかうものです。長いくちばしを焙烙の持ち手に見立てたのか、体色が素焼きの土鍋の色に似ているのか、焙じたものが茶色で似ているのか・・・語源は謎です。昔はダイシャクシギと区別されずにダイシャクシギを呼ばれていたそうです。ダイシャクシギとの違いは、腹から下尾筒にかけて白いのがダイシャクシギ、淡褐色なのがホウロクシギです。

夏は、カムチャッカ方面で繁殖し、冬は東南アジアオセアニア方面で越冬します。従って日本に現れるのは、春と秋の渡りの時期だけです。干潟で、大きなくちばしを使ってカニを好んで食べます。私は、まだ、カニを食べるシーンを見たことはありません。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください

人気ブログランキングへ
よろしければクリックしてください

関連記事

タグを付けたダイゼン

谷津干潟に脚に青いタグを付けたダイゼンがいました。
IMG_5449tb.jpg
2011年4月2日 千葉県谷津干潟

まだ、冬羽ですね。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください

人気ブログランキングへ
よろしければクリックしてください
関連記事

夏羽に変わりつつある ムナグロ

霞ヶ浦~印旛沼方面に鳥見に行きました。(2011年4月17日)
浮島や印旛沼では、観察ポイントの湖岸の道が通行止めになっていました。路面に地割れがあったり、ガードレールが崩れていたり、路肩が崩れたりしていました。今回の地震の大きさを改めて目の当たりにしました。

鳥は全般に少なめでした。ムナグロの群れをやっと見つけました。

IMG_5505tb_ムナグロ
ムナグロ 2011年4月17日 茨城県

IMG_5526tb_munaguro.jpg

IMG_5494tb_ムナグロ

IMG_5499tb_munaguro.jpg


最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください

人気ブログランキングへ
よろしければクリックしてください
関連記事

畦道のチュウシャクシギ

田の畦をチュウシャクシギが一羽歩いていました。


IMG_5543tb_chusyaku.jpg
2011年4月17日 茨城県稲敷市

IMG_5546tb_chusyaku.jpg



最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください

人気ブログランキングへ
よろしければクリックしてください
関連記事

田にいた タヒバリ まだいた ツグミ

田んぼで1番目立ったのは、ツグミでした。渡りの前に集結しているのでしょうか?どの田を見ても、まずいるのはツグミ。餌を探して歩き回っていました。
IMG_5531tb_tugumi.jpg
2011年4月17日 千葉県印旛郡

その次に目立ったのがタヒバリでした。
IMG_5586b_tahibisi.jpg

IMG_5551tb_tahibari.jpg




最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください

人気ブログランキングへ
よろしければクリックしてください
関連記事

婚姻色が出ている ダイサギ

ダイサギチュウサギがいました。チュウサギの5~6羽の群れの中に1羽のダイサギがいたという感じです。
IMG_5581b_daisagi.jpg
2011年4月17日 千葉県印旛郡

IMG_5582tb_daisagi.jpg
ダイサギは、目先が緑がかった婚姻色が出ていました。冬は黄色かったくちばしは黒っぽくなっています。レースのような飾り羽も出ていますね。恋の季節です。

IMG_5580b_chusagi.jpg
手前は、チュウサギです。くちばしが黒っぽくなっています。飾り羽も見られ、夏羽と言えます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください

人気ブログランキングへ
よろしければクリックしてください
関連記事

オオハシシギ 夏羽

葛西臨海公園の下池にオオハシシギがいました。
大嘴鴫とは、その名の通りくちばしが大きくて長いシギです。
IMG_5832tbohasisigi.jpg
夏羽になり、赤褐色になっています。佇んでいると左から白っぽい鳥がやって来ました。これは、アオアシシギ。オオハシシギよりちょっと大きいです。しばし見合って・・・。

IMG_5826tb_ohasi.jpg
「やあ!」と右足を上げてオオハシシギがあいさつ・・・ではなく、オオハシシギは頭かきを始めました。

今年もシギチの渡りの季節ですね。
2011年4月29日 東京都 葛西臨海公園


最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください

人気ブログランキングへ
よろしければクリックしてください
関連記事
プロフィール

すーさん(ペンたろう)

Author:すーさん(ペンたろう)
鳥や樹木を中心に自然観察を楽しんでいる50代男性。
ゆったり、自然に生きたいです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード