fc2ブログ

退職後の旅2日目

軽自動車(マツダAZワゴン)で車中仮泊の旅2日目の記録です。
4月中旬 友部SA~道の駅奥久慈だいご 111km

前日夜に仮泊した常磐道友部SAを1:40に出て、大洗に向かいました。
目的は、神磯の鳥居付近から東天の星空観望をすることです。
水平線の上に、木、金、火、土の四惑星が整列する姿を撮影しようと考えました。

近くのセブンイレブン大洗海岸店でトイレを済ませ、大洗公園の駐車場に車を停めました。
しかし、あいにく空は厚い雲が覆っていて、星は全く見えませんでした。
星空観望は、お天気次第です。やむなく、そのまま車中で休憩することにしました。
念のため、4:00にアラームをセットして仮眠です。

3:30ころ空を見ると星が見えます。雲が晴れたようです。
早速2台のカメラを三脚にセットし、海岸に向かいます。
4時から6時まで星空と夜明けの海を楽しみました。

IMG_3063_tb_kamiiso.jpg
神磯の鳥居と東天に昇る4惑星

IMG_3063_tb_kamiiso_txt.jpg
左から、木星、金星、火星、土星です。
土星は山羊座にいました。
偶然、流れ星が写り込みました。

IMG_3076_b_kamiiso.jpg
太陽の光を浴びて、さわやかな1日のスタートです。

次の目的地は国営ひたち海浜公園です。
ネモフィラ、スイセン、チューリップの花を撮影することを楽しみに行きました。

途中の平磯海岸で鳥を探すことにしました。
車は、平磯のシーサイドロードパークに停めました。
ここは、平磯漁港と平磯海岸の間にあります。車は8台ほど停めることが出来ます。
平磯海浜公園駐車場は16台ほど停められ、トイレもありますが、漁港には遠くなります。

WR1A0257_tb_sinorigamo.jpg
磯にまだいたシノリガモ。北へ帰る途中かもしれません。

続いて、観涛所へ向かいました。
IMG_3104_b_kantojo.jpg
観涛所の碑
第9代水戸藩主徳川斉昭(烈公)自筆の隷書が記されています。

IMG_3107_b_kantojo.jpg
高いところから海岸を眺めることができます。

IMG_3103_tb_kantojo.jpg
解説板があります。
昨年の大河ドラマ「青天を衝け」で竹中直人さんが演じた徳川斉昭(烈公)が訪れて、その豪快な景色に感動して藩内随一の波浪の見所として「観涛台」と名付けたそうです。
駐車場は分かりづらい上に狭く、3台しか停められないので要注意です。

続いて県道265号磯崎港線をひたち海浜公園に向かう途中で偶然見つけた川子塚(かごづか)古墳を見学しました。

 IMG_3127_b_kagoduka.jpg
県道脇のスペースとおしゃれな標識で気づきました。

IMG_3119_b_kagoduka.jpg
こんもりとした森は、いかにも古墳と言った感じです。

IMG_3120_tb_kagoduka.jpg
丁寧な説明板がありました。5世紀後半頃に造られた前方後円墳のようです。

IMG_3126_b_kagoduka.jpg
おしゃれな標識(案内板)です。

駐車場の表示はなかったのですが、案内標識脇の空き地に停めさせていただきました。民家の庭先のような雰囲気もあり、停めてよいものか躊躇しました。家屋からなるべく遠くに停めさせていただき、早々に退散しました。地元の方の迷惑になってはいけません。ちょうど通勤・通学時間帯となったので、一層の安全運転を心がけ、地元の車、仕事の車の邪魔にならないように気をつけました。旅行中はいつも「私は遊びで訪れているよそ者で、優先順位は最下位」を念頭に運転しています。

そして、次の目的地「国営ひたち海浜公園」に到着したのは8:40頃でした。
当日の開園は9:00で、駐車場は8:30開場でしたので、駐車場もまだ車は少なく、西口翼のゲートに近い所に停めることができました。早めに到着してよかったです。

天気は薄曇りといった感じで、時折青空が見えました。青空を狙って撮影です。
まずは、ネモフィラを見に、「見晴らしの丘」に向かいました。

IMG_3135_b_nemo.jpg
見晴らしの丘の南西側は真っ青です。

IMG_3145_b_nemo.jpg
ローアングルで青空を入れて撮影してみました。

IMG_20220418_090953_00_019_2022-05-13_13-56-19_スクリーンショット
菜の花の黄色、緑、ネモフィラの青色がいい感じでした。

IMG_3147_b_nemo.jpg
朝イチで入園したためまだ、人は少なかったです。

続いて「スイセンガーデン」に向かいました。

IMG_3210_b_suisen.jpg
桜の木を背景に撮影。

IMG_3215_b_suisen.jpg
「スイセンガイド」の方々が管理している花壇です。

IMG_3216_b_suisen.jpg
品種の説明板です。

IMG_3218_suisen.jpg
鮮やかです。

IMG_3217_b_suisen.jpg
品種の見本コーナーです。

IMG_3214_b_suisen.jpg
真っ白いスイセンです。

IMG_3223_b_suisen.jpg
桜の木をバックに花盛りの所を撮影。

IMG_3221_b_suisen.jpg
スイセンガーデンの案内板です。

最後にチューリップの花を撮影しに「たまごの森フラワーガーデン」に行きました。

IMG_3226_b_tulip.jpg
色別に植えて模様を作っていました。

IMG_3229_b_tulip.jpg
ムスカリで川の流れを表現していました。

IMG_3231_b_tulip.jpg
いろとりどりのチューリップが楽しめました。

IMG_3232_b_turip.jpg
いろいろな品種が植えられていました。

国営ひたち海浜公園は、沢田遊水池樹林エリアを訪れると自然を感じることができます。見晴らしの丘からスイセンガーデンに行く途中に、沢田湧水地と樹林エリアを通りました。樹林エリアの通路を歩いていて、コナラの実生や赤松の幼苗を見ることができました。また、キジの「ほろうち」を聞くこともできました。

IMG_3186_tb_konara.jpg
ドングリの実(子葉・双葉)の養分を使って本葉を伸ばしている様子がよく分かりました。
こういう自然の姿を見ることはこの上ない喜びです。

IMG_3185_b_konara.jpg
周囲に同じような実生がいっぱいありました。

天気は下り坂です。
次の目的地、袋田の滝を目指して、11時20分頃に国営ひたち海浜公園を後にしました。

IMG_3247 (1280x853)
駐車場から滝へ向かう川には鯉のぼりが泳いでいました。

IMG_3251 (1024x673)
袋田の滝は、トンネルの入口で入場料300円払って訪れます。

IMG_20220418_140042_00_061_2022-05-13_tb_hukuroda.jpg
途中、吊り橋に出る道があります。

IMG_3257_b_hukuro.jpg
吊り橋付近からの眺めです。

IMG_3260_b_hukuro.jpg
第一観瀑台では、滝を間近に感じることができました。

IMG_3266_b_hukuro.jpg
第二観瀑台へは、エレベーターを上がって行きます。三段の滝の全景を眺めることができました。

地質的にも面白いところでした。

雨脚が強まったので、今日の仮泊地である「道の駅奥久慈だいご」に向かいました。雨が降っていなければ、近くの沈下橋などを見たいと思っていたのですが、今日は未明から活動していたこともあり、無理をせず、早めに仮泊地に向かい、「道の駅奥久慈だいご」到着は、15:10でした。
夕食は、奥久慈しゃも親子丼ととろりさしこんを食べました。しゃもの親子丼は、しっかりした食感の肉にとろりとしたたまごがあいまって絶品でした。さしこん(刺身こんにゃく)も美味しかったです。ただ、ししゃも親子丼の付け合わせにさしこんが付いてきて、かぶってしまいました。券売機で食券を買うときには気づきませんでした。
売店で鮎せんべいを土産に買い、2階に併設されている大子温泉につかって今日の疲れを癒し、車に戻りました。
IMG_3286_b_okukuji.jpg
レストランの券売機 

IMG_3287_b_okukuji.jpg
奥久慈しゃも親子丼\1500、とろりさしこん\300

IMG_3288_b_okukuji.jpg
2階の大子温泉はアルカリ単純泉

IMG_3290_b_okukuji.jpg
温泉の湯上がり休憩スペース

IMG_3289_b_okukuji.jpg
休憩スペースからの眺め

IMG_3283_b_okukuji.jpg
サイクルステーション 
このような施設が整備されることは元輪行ランドナー乗りとしてうれしいものです。

IMG_3284_b_okukuji.jpg
レンタサイクルもありました。

今日は、ほぼ計画どおりに、①四惑星整列を撮影し、②神磯の鳥居でご来光を迎え、③ひたち海浜公園でネモフィラ、スイセン、チューリップを撮影し、④袋田の滝を見学することができました。さらに、シノリガモの撮影、観涛所や川子塚古墳の見学、コナラの実生の観察・撮影もでき、最後は温泉にも入れて、充実した一日でした。

2022年4月中旬 
常磐道友部SA(1:40)~茨城県大洗神磯の鳥居(2:30-6:30)~国営ひたち海浜公園(8:40-11:20)~袋田の滝~道の駅奥久慈だいご(15:10)  本日の走行距離 111km 


最後まで読んでいただきありがとうございます。
関連記事

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

車中仮泊の装備

車中仮泊の旅をしてきました。
2022年4月中旬から茨城-福島-新潟-富山を訪れたときの準備を記録します。

退職前から少しずつ準備を進めて、週末利用の車中仮泊の旅をしてきました。

星空観望、野鳥観察、観光などの時間を最大限にとるため、自炊などのキャンプ的な要素は一切排除しています。お湯を沸かして、カップ麺やレトルト食品をとれるような準備はありますが、それはあくまでも緊急時の非常食としてです。
旅先では、現地の美味しい食べ物を出来るだけ食べるようにしています。鵡川のししゃも、帯広の豚丼、根室の花咲ガニ、坂網猟の鴨、山都の寒ざらしそば・・・。コロナ禍での地域振興のためにも?現地でお金を使うことを心がけています。

話がそれました。
この装備で一人なら快適な旅が出来ます。
退職後、最長で21日間の旅を快適に楽しむことが出来ました。
※二人以上はお勧めしません。はっきり言って快適な旅は無理です。

<車>
 軽自動車 マツダAZワゴン(スズキワゴンR)
AZワゴン

<フラットスペース>
 この車は助手席の座面シートをあげて背を前に倒すとフラットスペースが出来ます。
AZワゴン2

 後席も前に倒すとシートが沈み込んでほぼフラットになります。
AZワゴン5

 DIY店で購入したジョイントマットを4枚敷きます。(普段、家で宅トレマットとして使用してます。)
AZワゴン3

<敷き布団>
 長座布団がぴったりです。 
AZワゴン4

<撮影機材>
 三脚、折りたたみいすは後部座席の足下に、交換レンズ類はサイクリング用のフロントバグに入れてフラットスペースに置きます。
AZワゴン9

<衣服類>
 後部座席の運転席側にバッグに詰めて。コート類は後部座席のヘッドレストにハンガーがけにしておきます。
AZワゴン6

<食料・医薬品・文具・工具・長靴・マリンシューズ・ごみトング・長傘など>
 後部荷物コーナーに置きます。
AZワゴン8
 
 小物は3つのボックスに入れて収納します。
 枕は、折りたたみ保冷買い物バッグをタオルでくるんで使います。 
 羽毛布団は日常使っているもので白いトートバッグに収納しています。
AZワゴン7

<ポータブル電源>
 助手席側フラットスペースに
AZワゴン11

<ブラインド 網戸>
 ブラインドは金マットを窓に合わせて自作
 網戸は後席左右に自作した網戸をゴム磁石と養生テープで固定しました。

<その他>
 マルチグリップバーを後席の天井に取り付けました。
 ドライブレコーダ 360度カメラ ソーラーランタン4個 湯沸かし(ワクヨさん)は前方に設置。
 サーモメーター(2端子)は、後席のドアポケットに。2端子なのは、車内と外気の温度を知るためです。
 USB電源の首振り扇風機は、グリップバーに挟んで使用します。
AZワゴン10

参考 購入記録 (価格は購入当時のものです)

<マルチグリップバー> \795 楽天市場で2021年購入 ◎まだ扱いあります。
 YAC ヤック RV-51
 マルチグリップバー BK
 ハンガー等を掛けられる
 
<枕兼保冷買い物バッグ> \1,860 楽天市場で2021年購入 ◎まだ扱いがあります。
 サーモス|THERMOS
 保冷買い物カゴ用バッグ

<ごみトング> \4,180 楽天市場で2021年購入 ◎まだ扱いがあります。
 FD STYLE/エフディースタイル MAGIP ZERO/マジップ ゼロ ゴミ拾いトングステンレス/Good Design賞/IDS賞/掃除道具/シリコン/箱入り/専用黒帆布ケース付/ゴミばさみ/清掃トング/新潟燕三条/日本製

<直流湯沸かし器ワクヨさん> \5,980 楽天市場で2021年購入 ◎まだ扱いがあります。
 JPN 直流湯沸器 ワクヨさん 自動車用電気ポット DC12V用 JPN-JR022

<長座布団> \4,500 楽天市場で19952015年購入 ▲現在は扱いがないようです。
 ごろ寝マット 長座布団おふとん屋さんが作ったごろ寝長座布団 180cm
 【日本製 固綿入り 三層構造 お昼寝敷布団 お昼寝マット ゴロ寝マット シートクッション ミニ布団 長座布団 レジャー キャンプ 車中泊 こたつ 180】

軽自動車での旅行を楽しむ人の参考になれば幸いです。
なお、装備の使用感はあくまでも私個人の感想であり、有用感も個人差があることをご理解の上、参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。
関連記事

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

すーさんのゆったり自然観察 優駿さくらロード

すーさんのゆったり自然観察 優駿さくらロード



JRAからタイムパラドックス号の訃報が入ってきました。

引退名馬として余生を送っていた北海道浦河町のうらかわ優駿ビレッジAERU(アエル)で10日に死亡したそうです。
24歳だったそうです。

昨年の秋にアエルで会ったときの写真を貼っておきます。
スズカフェニックス号と同じ柵内で過ごしていました。
おやつのにんじんを少々やりました。
元気そうで、木の柵をガリガリかじって「もっとくれ」と言っているようでした。

IMG_7384_tb_aeru_.jpg
タイムパラドックス号

IMG7386_hc.jpg
よく似たスズカフェニックス号とともに

冥福を祈ります。
関連記事

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

夕暮れの襟裳岬

2021年10月下旬に訪問しました。訪問日の日の入り時刻は16時25分でした。

えりも岬で日没をみたいと思っていたのですが、この日も朝から見所がたくさんで時間が押していました。
前の訪問地「様似町の日高耶馬溪(アポイ岳ジオパーク)」を後にしたのが16時10分でしたので、「えりも岬で日没を見る」ことはあきらめ、安全運転を心がけて国道336号線、道道34号線をえりも岬に向かって進みました。
ちなみに、この日の3か所の訪問地は、すでに当ブログで紹介しているのでよろしかったらご覧ください。以下のリンクをクリックすると新しいウインドウで開きます。
1 浦河町立郷土博物館がすごい
2 優駿さくらロード
3 新鮮なかんらん岩 アポイ岳ジオパーク

えりも岬に到着したのは日没後の16時40分でした。
IMG_7524 (1024x671)
風の館の入口へ続く通路
右手の道を進んでも岬の遊歩道に出られるのですが、ここは、地下道を進むのがお勧めです。
右の道は、帰りに通ることになります。

IMG_7527 (1024x665)
風の館の入口
建物自体が地下式になっているのは、強風をかわし、景観を守るためだと思われます。

IMG_7531 (1024x683)
館へ続く地下通路
風の館までは、この地下通路を歩いて行きます。
雨の日でも強風の日でも大丈夫。

IMG_7534 (1024x683)
受付
しばらく進むと受付があります。
左手には岬へ出る螺旋階段があります。

IMG_7536 (1024x683)
残念ながら「本日の受付終了」でした。
午後5時閉館で、今は4時45分。しかし、最終入場は閉館の30分前でした。
あと15分早ければよかったです。

IMG_7538 (1024x683)
階段を上がると岬への遊歩道があります。灯台を経て駐車場に戻れます。

IMG_7542 (1024x681)
館内の展望室から野生のゼニガタアザラシを見ることが出来るそうです。

IMG_7551 (1024x683)
「襟裳岬」看板 
観光地によくある看板ですね。

IMG_7554 (1024x680)
襟裳岬先端部
日高山脈がそのまま海に続いている感じです。

IMG_7559 (1024x683)
「風極の地 襟裳岬」の碑
風極と言う言葉は初めて目にしました。風が極まる訳ですから、よほど強い風が吹き荒れるのでしょう。強風、烈風、暴風、爆風、豪風、大風、台風、劇風、疾風・・・風極!

IMG_7567 (1024x679)
夕暮れの襟裳岬
夕闇が迫り灯台に灯が点っています。

IMG_7573 (683x1024)
襟裳岬灯台
背の低い白い灯台です。

IMG_7575 (1024x676)
灯台説明板
もう薄暗くて時間がなかったので、とりあえず撮影しておいて後から読みました。

IMG_7583 (1024x683)
公衆トイレ
防風と景観の保持に配慮した造りになっています。

IMG_7585 (1024x683)
公衆トイレ脇にあるごみ箱
金網で頑丈に囲まれているのは、カラスよけというより強風でごみが飛散するのを防ぐためでしょう。
プラごみなどが飛散したらそれこそ大変。悲惨です。
飴の包み紙など小さなものも逃してはなりません。
わたしたちもそれなりの心構えで訪れたいものです。

日没後の訪問となりましたが、灯台に灯りが点り、いい雰囲気でした。
何より誰もいない遊歩道を心置きなく散策できました。
夕暮れ時の訪問もいいかもしれません。

この後、本日の宿泊地広尾に向けて、道道34号線(襟裳公園線)、国道336号線(黄金道路)を進みました。
ちなみに「黄金道路」とは、「黄金を敷き詰めるほど建設にお金がかかった」と言う意味のようです。

2021年10月下旬訪問

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

新鮮なかんらん岩 アポイ岳ジオパーク 

全国各地にあるジオパークを巡るのは楽しいものです。

北海道には、「白滝」、「三笠」、「とかち鹿追」、「洞爺湖・有珠山」、「アポイ岳」の5つの国内ジオパークがあります。そのうち、「洞爺湖・有珠山」、「アポイ岳」の2つは、ユネスコ世界ジオパークにも認定されています。

今回は、ユネスコ世界ジオパークにも認定されている、アポイ岳ジオパークを紹介します。

キーワードは、「新鮮なかんらん岩」です。

ちなみに、かんらん岩は「北海道の岩石」だそうです。

ジオサイト巡りのスタートは様似町役場前としました。
時刻は午後2時15分。この日の午前中は、「浦河町立郷土博物館見学」と「競走馬のふるさと巡り」をしていました。その様子は、先にアップした浦河町立郷土博物館がすごい優駿さくらロードの2つの記録を見てください。(クリックすると別ウインドウが開きます)

様似町役場前の広場 その名もかんらん岩広場です。
IMG_7421_b_samani.jpg
ここで、まずはかんらん岩の実物を見ました。

IMG_7416_b_samani.jpg
表面を磨いたものも磨く前のざらざらなものもあります。

IMG_7417_b_apoi.jpg
褐色と緑色が入り交じっています。

IMG_7419_b_samani.jpg
磨かれると全く趣を異にします。
左下の欠けたところとの差が歴然です。

IMG_7415_b_samani.jpg
アポイのかんらん岩はマントル上部にあったときの成分がそのまま含まれているそうで、学術的に貴重なものだそうです。それが「新鮮なかんらん岩」といわれるゆえんのようです。


「様小裏の旧石切場」 (ジオサイト C-7)
様似小学校の裏に石切場の跡があり、露頭を見ることが出来ます。
地層、褶曲が分かりやすい露頭を見たい方は是非訪れてください。

アポイ岳の山塊は、プレートがまくり上がり地下深くから上がってきたかんらん岩から出来ています。
このあたりはその西側にあたり、浅い海底に積もった地層が隆起してできた丘陵地です。
その地層の立ち上がり、褶曲を見ることが出来ます。
ここには、道路脇に数台分の駐車スペースと説明板があります。

IMG_7439_tb_samani.jpg
見事な露頭です。
左下(海側)から斜め右上に向かって地層が立ち上がっています。

IMG_7440_b_samani.jpg
ほぼ180度折れ曲がっているようです。人のレベルをはるかに超える時間と力を感じさせられます
そして、大地は今でもどこかで動き続けています。わたしたちは、そういう大地の上で生活しているのです

IMG_7437_tb_samani.jpg
ジオサイトには、このような説明板があるので、私のような者でもある程度分かった気になることができます。

IMG_7442_be_samani.jpg
車を数台停めるスペースと説明板があります。


エンルム岬 (ジオサイト C-3)
IMG_7452_b_apoi.jpg
エンルム岬から様似漁港方面を眺めました。
この岬から、ソビラ岩、親子岩、ローソク岩と岩礁が点々と並びます。

IMG_7454_b_apoi.jpg
「埋蔵文化財包蔵地エンルムチャシ跡」の標柱
チャシとは、北海道の東部に多い遺跡です。アイヌの人たちが使用した見晴らしのよい高台にある施設で、その目的は、砦、見張り台、祭祀の場などといわれています。

IMG_7455_b_apoi.jpg
ここの露頭も興味深いです。
岬全体は柱状節理が発達しています。

IMG_7459_b_apoi.jpg
もともと島だったところがつながった「陸繋島」です。
砂が運ばれて堆積し、砂州が成長して陸続きになったものです。
この砂州は「陸繋砂州(トンボロ)」と言います。
駐車場の後ろの部分が陸繋砂州です。ずいぶん建物が建っていますね。
また、後方遠くに見える山並みは日高山脈です。

IMG_7444_tb_apoi.jpg
駐車場に説明板があります。
「火星より遠い」という表現に、アポイジオパークの誇りを感じます。


アポイ岳ジオパークビジターセンター

アポイ岳ジオパークの理解が深まる資料があります。センターの人が丁寧に説明してくださります。
アポイ岳の登山口でもあるのでぜひ、訪れることをお勧めします。

IMG_7460_b_apoi.jpg
周囲の森に調和した建物です。名前を刻んだ岩はかんらん岩でできているようです。

IMG_7461_b_apoi.jpg
アポイ岳は固有種が多いことでも有名だそうです。

IMG_7462_b_apoi.jpg
ダナイトが展示されていました。
ダナイトとは、かんらん岩の一種で、かんらん石の割合が90%を超える岩石だそうです。かんらん岩中のかんらん岩といったところでしょうか。

IMG_7463_b_apoi.jpg
新鮮なまま地上に現れたかんらん岩が貴重
それが幌満かんらん岩体

IMG_7464_b_apoi.jpg
「新鮮なかんらん岩」と「腐った蛇紋岩」
かんらん岩は冷える途中で熱水に触れると蛇紋岩に変質してしまいます。
かんらん岩のもつマントル情報が蛇紋岩になることで失われることを「腐る」と例えるようです。

IMG_7472_b_apoi.jpg
たくさんの岩石が展示されています。
それぞれの岩石の産地は、日高山脈・襟裳岬周辺の地図に印されています。


様似町「冬島おおまのかつてのプレート境界」(ジオサイト D-7)

「プレートの衝突現場といにしえの道」を楽しむことができます。
このジオサイトに行くには、国道336号線をえりも方面に向かい山中トンネルの手前を右に曲がります。

IMG_7481_b_apoi.jpg

赤い屋根の建物の後ろ、左がユーラシアプレート、右が北米プレート。

IMG_7479_tb_apoi.jpg
北米プレート側は、プレートがせり上がり、地下深くで出来たかんらん岩などが地表に姿を見せています。
ユーラシアプレート側は、海に堆積した地層が隆起によって地上に現れています。

IMG_7482_b_apoi.jpg
境目は水が流れ浸食されています。

「大正トンネル」 (ジオサイト D-4)
ジオサイトD-7から旧道を先に進むとトンネルがあります。
ここから100mほど歩くと大正時代のトンネルがあります。

IMG_7483_b_apoi.jpg
「大正トンネルの花こう岩類」「花こう岩類の露頭と旧トンネル」

IMG_7484_tb_apoi.jpg
昭和時代のトンネル

IMG_7490_b_apoi.jpg
トンネル(隧道)のないころは崖上の道を通ったようです。あるいは干潮時に岬を回ったと思われます。いずれにせよ難所だったことでしょう。

IMG_7491_b_apoi.jpg
大正時代のトンネル
周辺の露頭がおもしろいです。

IMG_7485_b_apoi.jpg
この崖はどのような出来方をしたのでしょうか。

IMG_7488_tb_apoi.jpg
岩脈?マグマが貫入したのでしょうか?

「時空を超える3つの時代のトンネル」
IMG_7497_b_apoi.jpg
大正時代のトンネル(左)と昭和時代のトンネル(右)

IMG_7496_tb_apoi.jpg
3つの時代のトンネル説明板

ここでジオパークのWEBサイトの説明を引用します。
「日高耶馬渓は交通の難所であり、断崖上には、約200年前に開削された「様似山道」があります。そして、海岸から順に明治、大正、昭和、平成の4代のトンネルが並び、自然災害と闘い交通を確保してきた歴史がうかがえます。」

実は、国道336号線の山中トンネルが3つのトンネルのさらに山側を通っています。
現地の解説板には3つの時代となっていますが(その場からは3つしか見えませんから)、実際には4代のトンネルが並行しています。

IMG_7505_b_apoi.jpg
褐色の岩石の中に、緑灰色の岩石が入り込んでいます。
片麻岩の中にマグマが脈状に入り込んだものと思われます。

IMG_7508_tb_apoi.jpg
岩の割れ目に赤い色の植物が生えています。多肉植物のようです。

ここは、大地の力や年月を感じることが出来ます。見ていて飽きないところです。きっと夕日もすばらしいでしょう。

時刻は午後4時を回りました。もっとじっくりと観察していたかったのですが、今日は襟裳岬を回って広尾泊まりの予定です。
後ろ髪を引かれる思いでこの地を後にし、夕暮れ時の襟裳岬に向かいました。

わずか2時間あまりの見学でしたが、アポイのすばらしさを満喫しました。
今回行くことが出来なかったアポイ岳、幌満峡、新富エリアにも行ってみたいです。
また、季節を改めて訪れたいと思います。


2021年10月下旬訪問

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

FC2ブログランキングよろしければクリックしてください。

人気ブログランキングへ よろしければクリックしてください。

関連記事

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

すーさん(ペンたろう)

Author:すーさん(ペンたろう)
鳥や樹木を中心に自然観察を楽しんでいる60代男性。
ゆったり、自然に生きたいです。

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード